導線設計(反響を出すために必要なこと)

ホームページで集客するには、一体どのようにしたらいいのでしょうか?

それは、見込み客に対して何をどのように伝え、どのように行動してもらうか?
きちんと設計することです。

この誘導動作のことを導線といいます。
導線とは、ユーザーが見た時に、何をみて、どう感じさせて、どう行動させるからのことを指します。
WEBサイトを作成する上で、最も重要なのがこの導線設計です。
目的を果たすために、何をどう見せるべきなのか?
プロのディレクターが考えて実践致します。

導線の種類

導線には2種類ある

一般的に、導線には2種類あります。
心理的導線と物理的導線の2種類です。

心理的導線とは?

心理的、感情導線とは、WEBサイトを訪れたユーザーをどのように誘導するか?感動の動きのことを指します。
人間が何かを申し込んだり、行動する時には必ず感情が動いた時に、購入、問合せをします。
例えば、安い、高い、品質、イメージなどをしめします。

物理的導線とは?

物理的導線とは、ユーザーに行動を促す物理的なデザインになります。
具体的には、キャッチコピーの大きさ、写真、色、大きさなどをしめします。

導線の2つを意識することでホームページに来たユーザーを行動させることが重要です。

人の持ちを動かすのは累積

では人の心のはどのようなことなのでしょうか?
それは、大きな競争優位てんがを作りだすことが重要です。
なければ競合が満たしていないニーズに特化することです。
そして気持ちは一回で動くものではなく、情報を積み重ね、感じて行くことで問い合わせします。
そのため、感情をうごかす導線、内容ポイントを複数つくし、刺激していく必要が、あります。

信頼性が最終的には重要

最終的にユーザが問い合わせするかどうか?はその商品、サービス、事業者なりが信用できるか?どうかで判断しています。
何故なら、どんないい事が書いてあってもそれが信用できなければ、嘘になるからです。

ネットユーザの特徴

ネットユーザーの特徴としては、情報を信じておらず、すべての情報を疑ってみています。
うたがいながら本当はどうなのか?をうたがいながら興味あるコンテンツを見ていきます。
そのため、信頼性が高い(現実性、信ぴょう性があるコンテンツ作りが重要です。)

誘導(タッチングポイント)

問合せを受けるためには、メールがいいのか?電話がいいのか?
実は様々な方法があります。
また、近年は、スマホ利用率が高いため、ラインなどの問合せも活用する必要がありあmす。
績、信頼、専門性

導線を作成したあとは、そのユーザーをどのように誘導するのか?マーケティングフローの作成に取り組む必要があります。

更新日:

Copyright© ホームページ作成格安WEB , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.