成功する予算の立て方


始めてホームページを作成する方にとって、ホームページ作成に一体いくらかかるのか?
不安になる方もおおいのではないでしょうか?
ホームページ作成業者によっても値段、価格、見積りも異なりますし、どんなデザイン、違いがあるのか?もわからないものですよね。
では、ホームページ作成には一体いくらかかるのか?成功する予算に立て方について解説致します。

費用は完成後まで考えて立てて!


ホームページ作成するときに気になるのは、ホームページ作成料金ですが、ホームページ維持、運営していくにはホームページ作成後の料金、費用もかかってくるのが一般的です。
そのため、ホームページ制作後のことも考え、予算を立てていく必要があります。

費用を考える3つの要素


みつっつの要素しては、集客、ホームページ、更新費用
の3つを考える必要があります。

集客・広告費用


中小企業の場合、ホームページを作ったとしてもアクセスがくることはほとんどありません。アクセスを集めるには、ホームページ制作とは別の作業をする必要があります。
一般的には主客といわれるものです、集客に関しては、費用をかけて集客する方法と掛けずに費用を稼ぐ必要があります。
費用をかけて行う場合は、一般的には、リスティング広告、SEO対策、SNS集客など様々な媒体があります。
費用をかけない場合は、ブログ、FACEBOOKなどで更新作業を行い、アクセスを集めてくる必要があります。

ホームページ作成費用


ホームページ制作は、ほぼ人件費費用で金額がきまります。こったデザインや大規模なホームページを作成すれば、当然費用はかさみ金額も大きくなります。
専門性のあるWEBサイト、感情を動かすWEBサイトにする必要があります。

制作後にかかる費用


ホームページ制作後にかかる費用としては、独自ドメイン費用、レンタルサーバーの費用です。
独自ドメインとは、あなたのホームページ専用のURLでです。
インターネットのしくみで独自ドメインは購入ではなくドメイン取得事業者に料金を払って利用するしくみとなっています。

独自ドメインは取得する必要があるかどうかは求めるホームぺージの品質にもよりますが、信頼度を大幅にアップさせたいなら
独自ドメインにてホームページを作るのは必要不可欠と言えます。

独自ドメインには、また別のメリットもあり、YAHOO・GOOLGEといった検索エンジンで上位表示しやすくなるといったメリットもあります。

独自ドメイン取得方法
独自ドメイン取得は、独自ドメイン取得を取り扱うドメイン事業者に料金を払うことで取得することができます。
このドメインは、自由に決められる部分と決まっている部分があります。
自由部分は好きに決めることができ、ドメインの最後の拡張子(.comなど)は決まった種類から選ぶ必要があります。

自由に決められる部分、決まっている部分合わせて固有の文字にする必要あります。
独自ドメインは速いもの勝ちのため、人気のあるドメインの文字、形式は既に取られてしまっている場合も多々あります。

失敗しない独自ドメイン業者の選び方
独自ドメイン業者を選ぶ方法としては一体どのような方法がよいのでしょうか?
ドメイン取得事業者は星の数ほどあり、独自ドメイン専用で行っている業者とレンタルサーバーなどホスティングサービスの一環で行っている
業者に分かれます。
同じドメインでも取得料金は業者によってことなります。
また、取扱いしているドメインの種類にも違いがあり、国内で最も最大手のお名前.comは数十のドメインの種類を取り扱っています。

そのため取得したいドメインの種類に応じて独自ドメイン業者を選ぶのがよいと思います。

■レンタルサーバーとは?
また、レンタルサーバーとは、ホームページのデーターを保存しおく場所です。
ホームページアドレス(独自ドメイン)をブラウザに入力した時に表示させるデーター保存子です・

そのため、独自ドメインで制作する場合、必ずレンタルサーバーをかりる必要があります。

ひと昔前は、自社サーバーを購入して自分で管理する方もいましたが、今はレンタルサーバーの価格がかなり安くなってきたことと、
維持管理の点から大規模なシステム開発をしないのではあればレンタルサーバーを借りるといったのが一般的になっています。

■どんなレンタルサーバーを選べばいいの?
では、一体どんなレンタルサーバーを借りればいいのか不安に思ってしまう方も多いと思います。
一般的には、利用実績があるレンタルサーバー会社と契約すれば大きな違いはなくなりつつありますが、それでも国内50社以上のレンタルサーバー
を利用してきた経験をもとにどんなレンタルサーバーを選べばいいのかお伝えします。

実績がある
レンタルサーバーは、数が多いければ多いほど設備が整っている程設備が充実している傾向にあります。
そのため、加入、契約しているレンタルサーバー数が多い方が安心できる傾向にあります。

歴史がある
レンタルサーバーは、24時間、365日安定した稼働しておく必要があります。
ハッカーからの攻撃なども多くセキュリティー面の対策とノウハウが必要不可欠です。
ノウハウは1日でたまるものではなく、日々の小さな積み重ねが必要です。
そのため、加入数が多く運営歴史が多いほど運用ノウハウが多い傾向にあります。

資本がしっかりしている
レンタルサーバー選びで最も重要なのは規模です。
規模がおおきければ大きいほど、1台あたりの導入コストもさげられますし、運用ノウハウも蓄積される傾向にあります。
また、経営も安定している必要があります。
そんため、小さな会社ではなく大きな資本、大きなレンタルサーバーサービスを運営している会社がおすすめです。

■更新費用について
ホームページ更新については、以前はホームページ制作会社しか直せないため、更新費用がかかっていたケースも多々ありましたが、
2022年現在では、ワードプレスという無料で利用できる高機能なCMSができたため、
HTMLの専門的な知識がなくても簡単にホームページの内容を更新できるようになりました。
そのため更新費用については、ブログのように簡単に更新できるCMSを使えば費用がかからないようになっています。

更新日:

Copyright© ホームページ作成格安WEB , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.